Kaiserへの誘い

San Franciscoから車で約30分、PNFをかじった者なら誰もが憧れるKaiser Foundation Rehabilitation Centerがある。行くのは簡単!車なら高速道路ですぐだし、フェリーでSan Francisco湾を横断して・・・なんておしゃれな方法もある。しかしそこで行われているPNFのコースに入りたいと思うとこれがまたなかなか難しい。

 

 何が難しいって、英語が難しい。

 

学校英語で文法を叩き込まれた我々日本人にとっては英会話が難しい。どの位の会話能力が必要か?コース初日に行われるオリエンテーションで頭が真っ白にならずにいるだけの‘耳’、そして初日から渡される担当患者様とコミュニケーションがとれるだけの‘口’、そして会話能力不足を補うだけのbody languageが必要である。その英語力をみる一つの指標として英語を母国語としないコース希望者にはTOFEL500点以上の獲得を促している。

 

促している・・・Kaiser側はあくまでこのコースでは「大学レベルの英語力」が必要と言っているのであって、490点では入れないとは言ってない。ではその能力はどのように判断されるか。これはどう自己アピールをしていくかで運命が決まる。今TOFELに向けて頑張って勉強している。英会話のクラスに通っている。来年の夏頃に仕事が一段落するのでその頃にコースを受けたい。とにかく電話でも手紙でも自己アピールをして「英語力」をみてもらうしかない。またこのアピールがないと4年待ちは当たり前といわれる6ヶ月コースの順番は回ってこない。逆にいうと自己アピール次第では2年待ちでコースに入れる可能性もある得る。3ヶ月コースでさえ3年待ちという噂。ただ待っていてもなにも起きない!!

 

話しを英語に戻そう。よく出る質問が「英検ではだめか?」である。英語検定は日本独自が行っているものであり、海外では「何、それ?」で終わりの場合が多いので・・・

 

 では本当にKaiserに行きたいというならば、まず下の項目を書いてコース申し込み用の書類を請求する。

 

 氏名、生年月日、生まれた場所(日本でしょうが・・・)年齢、国籍(これまた日本でしょうが)、住所、自宅電話番号、勤務先住所、電話番号。理学療法士としての経験年数、希望コース(3ヶ月または6ヶ月)

 

 この他に自己推薦文を添えるとポイントが高いなんて話しもある。

 

 送付先      PNF Curriculums Coordinator

     Kaiser Foundation Rehabilitation Center

 

975 Sereno Drive, 3rd floor

Vallejo,California 94589

USA

 

 ここでちょっといじわるを。

 

今あげた項目を英語でどうやって書いていいか判らない、Air Mailの出し方が判らないetc。

書き方は本屋にいけば本が売っている。単語が判らないなら辞書がある。切手がいくらかは郵便局で聞く。

 

 何故教えてくれないか?

 

ここに記入例をあげるのは簡単。でも本当にKaiserに行きたい、そこでPNFを学びたいと思うなら最初の一歩から自分で頑張って頂きたい。その努力なくして、申し込みの書類(健康診断書から、残高証明書、理学療法士免許の英訳版etc)は絶対に完成しないからである。

 

もっと細かく知りたい?コース期間中の住宅は?その家賃は?物価は?治安は?自分の英語力を試す良い機会。自己アピールのチャンス。頑張ってみよう!!

 

 最後になるが、今や世界中が憧れているコース、その人気コースに入るために誰もが眠れぬ夜を過ごし、書類と格闘し、英語力不足に涙する。またコースに入ってからも自分の気持ちが伝わらない歯がゆさ、文化の違いからくるすれ違い、なれないベットでの腰痛。多くの犠牲がある。しかし、そのコースに行った者だけが味わえる充実感、Californiaの太陽の下で呑むビールの美味さがある。そしてなによりもPNFの奥深さに感動する。そして帰国し、臨床に戻った自分に感動する。感動したいなら今すぐ行動を起こそう!!