インストラクター制度

<インストラクター資格規程>

1.初級インストラクター

1) 5年の間に講習会(初級・中級・上級コース)を受講すること。

2) 上級コース終了後,PNFに関する1筆頭論文(査読のある雑誌に掲載済みまたは掲載が決定しているもの)を本学会に提出し審査に合格すること。

3) 1)および2)の要件を満たした上で,本学会主催の講習会指導補助を30時間経験すること。

4) 指導補助を行ったときの上級インストラクター1名から推薦を受けること。

5) 上級コース終了後1年以上の臨床経験を有すること。

6) 初級コース受講から初級インストラクター取得までに,本学会学術集会に3回以上参加すること。

7) 実技試験及び口頭試問に合格すること。

 

2.中級インストラクター

1) 初級インストラクターになり3年以上経過していること。

2) PNFに関する3研究論文(査読のある雑誌に掲載済みまたは掲載が決定しているもの)を新たに本学会に提出し審査に合格すること。2論文は筆頭論文とする。

3) 初級インストラクターとして講習会指導(初級コースに限る)または指導補助を30時間経験していること。

4) 本学会学術集会に参加していること。

5) 実技試験及び口頭試問に合格すること。

 

3.上級インストラクター

1) 中級インストラクターになり3年以上経過していること。

2) PNFに関する4研究論文(査読のある雑誌に掲載済みまたは掲載が決定しているもの)を新たに本学会に提出し審査に合格すること。3論文は筆頭論文とする。

3) 中級インストラクターとして講習会指導(初級または中級コースに限る)または指導補助を30時間経験していること。

4) 本学会学術集会に参加していること。

5) 実技試験及び口頭試問に合格すること。

 

4.特例制度

上級インストラクターの審査とは別に,日本PNF学会に以下の功績が認められ,上級インストラクターの技術水準である会員を上級インストラクターと認定することができる。

以下の4つすべて満たした会員を理事の推薦に基づき理事会にて認定する。

(推薦条件)

1.日本PNF学会に15年以上の在籍していること

2.中級インストラクターの取得後5年経過していること

3.講習会等の開催を企画・運営していること

4.学術集会を企画・運営している経験を有すること

(認定法)

3名の理事が理事会で発議し過半数の承認を得た場合,上級インストラクターと認定する。