機関紙(PNFリサーチ)

 左記のVol.をクリックしてpdfをダウンロードしてください.

 

投稿規定

PNFリサーチは,主に「PNF学会学術集会」において発表された演題が基礎となっていますが,会員の皆様からの投稿も期待しております.

 

投稿要項

1.本誌への投稿資格は本学会会員とする.ただし,原稿依頼に関してはこの限りではない.

2.研究や調査の際に,倫理上人権上の配慮がなされていること.

3.原稿は未発表のものに限る(投稿中の原稿も対象外とする).

4.原稿は次のカテゴリーのいずれかに分類する.

 ・総説:研究や調査論文の総括および解説

 ・原著:未発表のオリジナルな研究論文

 ・研究と報告:明確な構想に基づき,研究調査結果をまとめたもの(事例

  報告等も含まれる)

 ・その他

5.投稿原稿の採否は,査読後に本学会学術局編集委員会において決定する.

6.審査の結果は投稿者に通知する.

7.原稿の分量および形式は以下の通りとする.

 1)和文原稿はパソコン(テキストファイル形式保存)を用い,A4版横書

  き,縦40行/横40字の1,600字分を1枚とし,引用文献,図表,写真等

  を含み,本文の合計が概ね7枚(11,200字相当)以内とする.1,600字

  用紙で概ね3枚程度の短報も可能.

 2)英文原稿の場合は,ダブルスペースでパソコン(テキストファイル形

  式保存)を用いて,引用文献,図表,写真等を含み,A4版横書き概ね

  15枚以内とする.

 3)図表,写真等は,それぞれ1枚につき400字分と換算し,合計概ね5枚

  以内とする.図はエクセルもしくはパワーポイントで作成し,貼り付け

  ること.写真は白黒を原則とし,カラー写真印刷の場合は実費負担とす

  る.

8.原稿の執筆は次の号に従うものとする.

 1)原稿の表紙(1枚目)に,表題(和文/英文),著者名(日本字/ロー

  マ字),所属機関名(日本語/英表記),希望する原稿のカテゴリー

 (総説/原著/報告/短報/その他)を明記する.原稿本文(2枚目以

  降)には,和文の要旨(400字以内),キーワード(5語以内),本

  文,引用文献,英語要旨(300語以内のAbstract),Keywords(5語

  以内),図・表・写真の順に記載する.1枚目からページ番号を付け 

  る.

 2)本文:はじめに,対象と方法,結果,考察,引用文献に分けて記載す

  る.それぞれの項目の中で小項目を記載するときには,例)対象と方

  法 1.対象 2.課題 3.実験機器と手順・・・のように半角数字をつ

  けて小項目に分ける.

 3)図表および写真は1枚ずつ記載する.

 4)年号は原則として西暦を使用し,外国語,外国人名,地名等は原語も

  しくはカタカナ(最初は原綴りを併記のこと)で書く.略語は本文中の

  最初に出たところで正式名称を入れる.

 5)引用文献の記載方法

 ①本文中の該当箇所の右肩に,順に1),2),の通し番号を付し,文末に

  番号順に掲げる.

 ②雑誌の場合

  著者名.題名.雑誌名.巻(号).引用ページ.発行年.の順に記載す

  る.

 ③単行本の場合

  著者名.題名.監修ないし編集者.書名.版数.引用ページ.発行社

  名.発行地.西暦発行年.の順に記載する.

 ④著者名が4名以上の場合,3名連記の上,◯◯◯他,または◯◯◯et al.

 とする.

9.原稿はパソコン(ワード形式保存)で作成する.

10.原稿提出方法はメールのみとし,件名を「PNFリサーチ投稿」とする.

  原稿提出は上記に従って記載した正原稿を保存したファイル(ファイル

  名は正原稿として保存する)と原稿の表紙(1枚目)に記載した著者

  名,所属機関名を削除した副原稿(ファイル名は副原稿として保存す

  る)の2ファイルを添付してメールする.査読後の修正ファイルの提出

  も同様とする.

  原稿送付メールアドレス:pnfoffice@pnfsj.com

11.著者校正は1回とする.また、ページ数の変更に及ぶような大幅な変更

  は認めない.

12.採択した原稿は原則として返却しない.不採用原稿については、当方で

  破棄する.

13.本誌に掲載された論文の著作権は「日本PNF学会」に帰属する.

 

PNFリサーチ査読委員(順不同)]  

 ・柳澤 健・乾 公美・今井 基次・秋山 純和・新井 光男  

 ・清水ミシェル・アイズマン・富田  浩 ・萩原 利昌   

   ・原田 恭宏・山元 総勝                 以上