2000年8月Kaiser財団リハビリテーション病院へ柳澤健副会長 他3名表敬訪問

2000年9月14日

 

KFRC表敬訪問の報告とKFRCにおけるPNF卒後研修の紹介

 

日本PNF研究会渉外局長

山 元  総 勝

 

 

2000年8月29-30日、PNFの発祥地である米国カリフォルニア州Vallejo市のKaiser 病院に併設するKaiser Foundation Rehabilitation Center(以下、KFRC)を、副会長を含め日本PNF研究会役員3名及び会員1名の合計4名でで表敬訪問した。

今シンポジウムでは、表敬訪問の内容報告とKFRCにおけるPNF卒後研修の歴史および現況を報告するとともに、研修申し込みの方法について紹介したい。

また、KFRCにおける治療内容について、若干の情報がTim Josten氏(PNF卒後研修の責任者)とErwin Puntz氏(PNF実技指導で2回来日)との面談で得られたので報告する。

 

1、表敬訪問報告

KFRCのスタッフに対し、JPNFAの発足の経緯とその目的について説明した。また、技術的な指導や研究について、今後友好関係を持てるよう協力依頼した。

2、 Kaiser病院及びKFRC の概要

Vallejo市のKaiser病院は、ベッド数231床・職員数約1800名の急性期病院である。病院併設のリハセンターであるKFRCは、職員数約300名で、独自にベッド数48床のリハ病棟を持っている。8名のリハ専門医と2名の研修医に加えて、PT18名、OT 10名、ST7名、神経心理士3名、MSW3名、レクリエーション療法士1名が勤務している。患者は、1日の中で、最低3時間のPTに加えてOT、STの治療訓練を受け、また、不定期であるが、心理及び医療相談等を受けることができる。平均入院日数は、18日である。

3、 PNF卒後研修の現況報告

PNF卒後研修は、1948年に、主に米国内のNeuro/Rehab(PT) residency programとして開始された。今では、世界各国から常時20名のPTがこの研修に参加している。これまで約50年間で、世界から約2400名のPTが研修を終了しており、日本からは20名のPTが3ヶ月または6ヶ月のどちらかの研修を受講している。

4、 KFRCにおけるPNF卒後研修の申し込み方法等

申し込みには、PT資格取得後最低2年の臨床経験を要するが、研修受け入れまで2-3年待ちの状況である。英語能力としては、TOEFLで最低500点が必要である。

 

日本のリハビリテーション医療は、マンパワー、コスト、サービス面においてもKaiser病院のような米国医療と単純に比較することはできない。しかし、PTが治療手技の向上をはかり、また、他のリハビリテーションスタッフにPNFの哲学を啓蒙することで、患者のQOLを高めることができよう。