28年6月にタイムテーブルを変更しましたが,28年後期講習会(1~3月)で更に変更となりましたので,ご注意ください。

             ※H29年5月に更に部分的変更を致しました.

(コース受講要件)

1)最初に新初級を受講

2)新初級修了後(または、旧初級Aと旧初級B),新中級A,新中級Bを受講(どちらを先に受講しても可)

3)新中級修了後(または新中級Aと旧中級B・旧中級Aと旧中級B・旧中級Aと新中級B修了後),新上級A,新上級Bを受講(最初に新上級Aを受講,新上級Bで修了書を発行します)

 

(タイムテーブルが変更したため経過措置)

29年度まで再受講は半額にて受講可能です。新コースのため,不足していると思われるコースを受講してください。

例1) 上級コース修了した場合でも,初級・中級コース等が受講費の半額で受講できます。

例2) 中級B受講された方で,再度,新中級Bの受講を希望される方は,受講費の半額で受講できます。

例3) 中級A受講された方で,再度,新中級Aの受講を希望される方は,受講費の半額で受講できます。

例4) 上級A受講された方で,再度,新上級Aの受講を希望される方は,受講費の半額で受講できます。

例5) 上級B受講された方で,再度,新上級Aの受講を希望される方は,受講費の半額で受講できます。但し,新上級Bを受講しないと修了証の発行はできません。

 

(注意)新上級Bが旧上級Cの対応ですので,上級A・上級B修了者が受講される場合は半額にはなりませんのでご注意ください。新上級Bの修了により全コース修了書を発行します。

 

(これまで講習会受講済みの皆様へ)

1)初級Aコースあるいは初級Bコースのみ受講済みの皆様へ

  必ず新初級を受講してください。受講費は半額で受講できます。

2)初級ABコース受講済みの皆様へ

  新中級コースを受講して下さい。

3)中級Aコース受講済み・中級Bコース未受講の皆様へ

  新中級Bコースを受講して下さい。

4)中級Aコース未受講・中級Bコース受講済みの皆様へ

  新中級Aコースを受講して下さい。

5)中級ABコース受講済みの皆様へ

  新上級コースを受講して下さい。

6)上級Aコース受講・上級Bコース受講の皆様へ

  新上級Bコースを受講して下さい(新上級Bコースを受講されたらコース修了となり修了証を発行します)。

7)上級Aコース受講・上級Bコース未受講の皆様へ

  新上級Bコースを受講して下さい。

 (新上級Bは旧上級Cなので半額にはなりませんのでご注意ください)

8)上級ABコース受講済みの皆様へ

  新上級Bコースを受講して下さい。

 (コース修了となり修了証を発行します)

講習会タイムテーブル(2017.5改訂版).pdf
PDFファイル 74.5 KB

初級 理論・PNFパターンの修得

 <第1日>  
10:00 理論                        
12:00

肘伸直位での屈曲-外転-外旋パターン

(基本手技を含めた説明)

13:00 昼食
14:00

膝屈曲を伴う屈曲-内転-外旋パターン

(基本手技を含めた説明)

15:00

肘伸直位での伸展-内転-内旋パターン

(リズミック・イニシエーションを用いて)

膝伸展を伴う伸展-外転-内旋パターン

(リプリケーションを用いて)

16:00

肘伸直位での屈曲-内転-外旋パターン

(リプリケーションを用いて)

肘伸直位での伸展-外転-内旋パターン

(リズミック・イニシエーションを用いて)

17:00

終了

 <第2日>  
09:00

膝屈曲を伴う屈曲-外転-内旋パターン

膝伸展を伴う伸展-内転-外旋パターン

10:00

骨盤の前方挙上・後方下制

骨盤の後方挙上・前方下制

11:00

肩甲骨の後方挙上・前方下制

肩甲骨の前方挙上・後方下制

12:00 昼食
13:00

肩甲骨と骨盤の組み合わせ

前方挙上/後方下制

後方下制/前方挙上

14:00

上肢下肢パターンの応用

(寝返り他 脳血管・運動器疾患に対するアプローチ)

15:00

ホールド・リラックス

コントラクト・リラックス

16:00 終了

中級A PNFパターンの修得

<第1日>  
10:00

スロー・リバーサル

スロー・リバーサル・ホールド        

11:00

チョッピング,リフティング

(脳血管・運動器疾患に対するアプローチ)

下部体幹(屈曲・伸展)のパターン

(脳血管障害に対するアプローチ)

13:00 昼食
14:00

両上肢の組み合わせパターン

(脳血管・運動器疾患に対するアプローチ)

15:00

上下肢の組み合わせパターン

(脳血管・運動器疾患に対するアプローチ)

16:00

反復伸張

強調のタイミング

17:00 終了
 <第2日>  
09:00

リズミック・スタビリゼーション

(脳血管・運動器疾患に対するアプローチ)     

11:00

呼吸・顔面

(脳血管・呼吸器疾患に対するアプローチ)

12:00 昼食
13:00

ブリッジング

起き上がり

座位(リズミック・スタビリゼーション)

座位から立位

立位(脳血管・運動器疾患に対するアプローチ)

16:00 終了

中級B PNFパターンの修得

<第1日>  
10:00

肘屈曲を伴う屈曲-内転-外旋

肘伸展を伴う伸展-外転-内旋

肘屈曲を伴う屈曲-外転-外旋

肘伸展を伴う伸展-内転-内旋

膝伸直位での屈曲-内転-外旋

膝伸直位での伸展-外転-内旋

膝伸直位での屈曲-外転-内旋

膝伸直位での伸展-内転-外旋

13:00 昼食
14:00

膝伸展を伴う屈曲-内転-外旋

膝屈曲を伴う伸展-外転-内旋

15:00

膝伸展を伴う屈曲-外転-内旋

膝屈曲を伴う伸展-内転-外旋

16:00

下肢の反復伸・強調のタイミングを用いた筋力強化法

17:00 終了
 <第2日>  
09:00

肘伸展を伴う屈曲-内転-外旋

肘屈曲を伴う伸展-外転-内旋

10:00

肘伸展を伴う屈曲-外転-外旋

肘屈曲を伴う伸展-内転-内旋

11:00 上肢の反復伸張・強調のタイミングを用いた筋力強化法
12:00 昼食
13:00

前方・後方・側方歩行

14:00

脳血管障害に対する歩行アプローチ法1

15:00 運動器障害に対する歩行アプローチ法1
16:00 終了

上級A ADL/疾患別治療法/研究法

<第1日>  
10:00

脳血管障害への背臥位からの起居動作の促通 

~側臥位

~肘立て背臥位

~横座り

~端座位

~四つ這い

13:00 昼食
14:00

脳血管障害への腹臥位からの起居動作の促通

~肘立て腹臥位

~四つ這い

~膝立ち

~片膝立ち

~立位

17:00 終了
 <第2日>  
09:00

頚部屈曲パターン

頚部伸展パターン              

10:00

頚部へのリズミック・スタビリゼーション

(頚部痛に対するアプローチ)

11:00 脳血管障害に対する座位・立位の獲得法
12:00 昼食
13:00

交叉歩行

14:00 脳血管障害に対する歩行アプローチ法2
15:00 運動器障害に対する歩行アプローチ法2
16:00 終了

上級B ADL/疾患別治療例/研究法

<第1日>  
10:00

疾患別応用                

(脳血管・運動器疾患)       

13:00 昼食
14:00

疾患別応用

(脳血管・運動器疾患)

 

17:00 終了
 <第2日>  
09:00

疾患別応用

(脳血管・運動器疾患)               

12:00 昼食
13:00

症例検討

15:00 研究活動とその方法
16:00 終了